家計簿はパズルと同じ。どう組むかの問題だけでは?

家計簿はパズルと同じ 家計管理

諸君!元気か?大雑把な兼業主夫を名乗っている「おザッパ」だ。

俺は家計簿をつけて家計改善をしようと企んでいるが・・・何だか「家計簿をつけるぞ!」というのには若干の違和感を感じている。

別に「家計簿は悪だ!」と言っているわけではない。

要は「どう管理するのか?」の問題だけではないかと思ている。

家計簿は家計管理ではない

そもそも家計簿は日々の支出・・・まあ収入も含めると支出入となるが・・・を記録するためのものだよな。

支出だけの記録にするのか、支出入の記録にするのかは個人の自由だ。

例えば収入から生活費分だけを切り出し、その生活費の支出=使い方を管理するのも家計簿だよな。

つまり、家計管理において家計簿って下流の処理の話って感じだよな?

おザッパ
おザッパ

俺の言っている事分かる?

家計管理はそういう日々の支出はもちろん、収入についてや貯金について、更には資産運用についてなどを総合的に?管理する事だよな?・・・ここまで合ってる?

であれば・・・家計簿って・・・その家計の資産の「一部を記録する」だけのツールだよな。

何を記録するかはその上流の家計管理術になるよな?

例えば

  • 収入の全額を生活費としてその支出の記録をつける
  • 収入から先取り貯金を除いた額を生活費としてその支出の記録をつける

みたいな?感じ?

家計管理術として先取り貯金をして、残りの支出を家計簿で管理するみたいな?

先取り貯金については、一部を預貯金に、一部を積立投資にって感じにする場合、それを家計簿につけるか?・・・まあつけている人もいるかもしれないが・・・。

どちらかと言うと家計簿って「支出にまつわる記録」ってイメージだよな?

スポンサーリンク

家計簿は「いくらで暮らしたか」の記録

あくまで俺のイメージだが、家計簿ってそういう「今月はいくらで暮らした=いくら支出した」という記録って感じなんだよな。

おザッパ
おザッパ

みんなはどう思う?

もしそうなら、使うお金は少ない方がいいし・・・余ったら貯金できるよな・・・、何にいくら使ったのかよりどれだけ節約できたのかが重要だよな!・・・そうだろ?

だったら家計簿をつけてもいいが、面倒くさいつけ方しなくてもいいよな。

要は単純に1ヶ月の生活費の金額?予算?で暮らすためのノウハウを持てばいいってことにならないか?

逆にそれができれば家計簿はいらない・・・って事にもなるよな。

そんで、俺調べたんだよ。家計管理について。

どうやって支出を管理するのがいいのかって事を。

それで「こいつ賢いな」っていうのをいくつか見つけたのさ!

スポンサーリンク

家計簿はパスルのようなもの

もう・・・何ていうのかな・・・家計簿と言うよりパズルだな、パズル!

手段の組み合わせ方や手法を駆使すれば家計簿というか支出の考え方や仕組みが今までとガラッと変わるな・・・ちょっと大げさかもしれんが・・・。

何がって・・・費目の予算とか要らんし、費目も最低限でいい・・・むしろ無くても何とでもなる感じかな・・・。

多分、しっかりと家計管理できる人にとっては「当たり前」の事かもしれないが、俺みたいな残念なやつにしてみれば本当、目から鱗って感じだよ。

その目から鱗は、まだ俺の中で完全にまとまってないから、近々まとめて記事にするとしよう。

いや、マジで当たり前の事すぎて俺が究極に残念なやつに見えるかもしれないが、俺にとっては画期的だったから記事にして記録に残すよ!

それじゃあまたな! Good Money!!

↑決め台詞