貧乏人のIPO参戦術。まずは楽しむこと!

IPO参戦 IPO

諸君!元気か?大雑把な兼業主夫を名乗っている「おザッパ」だ。

俺がIPO株投資をしていることは周知の事実だ。知らないなら今知ったからそれでいいだろう。

俺は貧乏だ。問題はそこだ。

お金がないから積極的にIPOに参加できない。でも抽選日のドキドキを楽しみたいから少ない資金で参加している。

そんな俺の貧乏IPO参戦術を公開しよう!

資金力がないなら「できる範囲」で参加する

常にお金がない俺にとってIPOに参戦する資金を捻出するのは一苦労だ。

そこで資金力がない俺がどうやってIPOに参加しているのか公開する。

前提として「当選することはほぼないであろう」という事は理解しておいてほしい。

おザッパ
おザッパ

基本は当選よりも楽しむことだ!

スポンサーリンク

ポイントは3つ

俺のIPO参加条件は3つだ。

  • 前受金不要の証券会社を優先する
  • 資金重複OKの証券会社を優先する
  • 抽選本数10本以下は参加しない

以上だ。

順番に見ていこう。

前受金不要の証券会社を優先する

これは言うまでもないが「当選するまでお金は要らんよ」という貧乏人にとても優しい証券会社である。つまり資金0円でIPOに参加できる。

資金なしでもIPOを楽しませてくれ、万人にチャンスを与えてくれるとても素晴らしい仕組みだと俺は思っている。

おザッパ
おザッパ

だからと言って当選するわけではない事は忘れてはいけない。

参考までに前受金不要でIPOに参加できる証券会社はこれだ!

  • 野村證券
  • ライブスター証券
  • 松井証券
  • いちよし証券
  • エイチ・エス証券
  • 岡三オンライン証券
  • むさし証券

細々した決まりなどの詳細は、証券会社のホームページを見てくれ!

資金重複OKの証券会社を優先する

資金重複とは「同一資金で複数の銘柄に申し込む事ができる」という事だ。

つまり、A社の公募価格が30万円で、B社の公募価格が20万円で、ブックビルディング期間が同じだった場合、普通は申し込みにA社B社の公募価格30万円+20万円=50万円の資金が必要になる。

しかし、資金重複OKの場合は、A社の公募価格30万円を準備できればB社の20万円もその30万円でカバーするからOKだよ(資金が重複してもいいよ)という事だ。つまり、30万円あれば両方ともブックビルディングに参加できる。

この資金重複OKのパターンはお金は必要だが、例えば同期間にC社公募価格20万円、D社公募価格15万円、E社公募価格10万円、F社公募価格18万円、G社公募価格12万円と多くの銘柄が重なった場合、公募価格が一番高いA社の20万円を準備できれば全ての銘柄のブックビルディングに参加できることになる!何と素晴らしいことだ!!

しかし、資金重複NGの場合は、全ての銘柄の公募価格の合計75万円準備しないといけない・・・これは貧乏人には無理な話だ。

参考までに資金重複OKの証券会社はこれだ!

  • SBI証券
  • みずほ証券
  • 大和証券
  • いちよし証券
  • エイチ・エス証券
  • 岡三オンライン証券
  • むさし証券

細々した決まりなどの詳細は、証券会社のホームページを見てくれ!

抽選本数10本以下は参加しない

これはもう・・・言うまでもない。

数千万円とか数億円と言う資金でIPOに参加している大金持ちもいる。それに10万円すら怪しい俺みたいな貧乏人が立ち向かっても・・・。

おザッパ
おザッパ

勝てるわけがない。

平等抽選とか言っている証券会社もあるがそもそも「何がどう平等なのか」はよく分からない。

ひょっとしたら「(資金力順に)平等に抽選しています」かもしれないし、「(お取り引き実績によって)平等に抽選しています」かもしれない。ぶっちゃけ内部事情なんて分からんさ。

なので、抽選本数が10本以下は確率的にも貧乏人にはまず可能性がないと俺は決めつけている。

だってさ、10本以下とか・・・本当に抽選する?俺だったら今後のお付き合いも考えて店頭(実店舗)の上客に多めに配るとかネット取引の大口客に配っておしまいにするわ。

おザッパ
おザッパ

↑こういう卑屈な感じがいかんのだろうが・・・。

それにそもそも資金がない俺にとって10本程度の当選確率に賭ける余裕もないし。

スポンサーリンク

最後は自分の裁量と無理しない事

以上が貧乏人の俺のIPO参戦術だ。どうだ?参考になったか?当たり前すぎて読む気も失せたかもしれんが、あくまで手法の1つだ。

おれはこの3条件に裁量を加えて参加している。そして見事に落選続きである。

おザッパ
おザッパ

本当に利益につながる当選とか・・・しばらく見ていない・・・。

それでもいいんだ。欲を出しても当選確率は上がらない。欲よりも資金力を上げる方が確率は高くなると思っている。

だからと言って無理はしない。あくまで実生活が最優先だ。

おザッパ
おザッパ

日々の生活が成り立ってこその投資である。

そんな感じで俺にとってのIPOはもうほとんど趣味的な娯楽的な要素も強い。別に家族に迷惑をかけたり、資産を減らしているわけではない。

ただ楽しんでいるだけ・・・と言う感じが強いがそれはそれでよしとしている。

楽しみついでにこのブログでもIPOの参戦結果を報告していこうと思う・・・とは言っても落選報告ばかりで当選なんてしないだろうが・・・。

それじゃあまたな! Good Money!!

↑決め台詞