どこまでキャッシュレス化できるのか

どこまでキャッシュレス化できるか 家計管理

諸君!元気か?大雑把な兼業主夫を名乗っている「おザッパ」だ。

俺は家計管理に悩んでいる・・・。なぜなら・・・

おザッパ
おザッパ

1000万円貯めーーる!

という目標を達成するためにはしっかりと家計を管理してコントロールしていく必要があるからだ!

・・・と言い続けて3か月・・・。

具体的な管理方法はまだ決まっていない。

キャッシュレス化をすすめつつ・・・

俺としては財布にドッサリ札を入れたり、小銭をジャラジャラ持ちたくない。

おザッパ
おザッパ

できる限りキャッシュレス化したい!

と思っている。

その為の家計管理の方法を模索しているんだが・・・。

何せ俺はクソ田舎に住んでいる。

コンビニや一部のスーパーを除いては、まだまだ現金が必要だ。

スポンサーリンク

家計簿の位置づけ

それともう1つの悩みが家計簿だ。

おザッパ
おザッパ

今は家計簿をつけていない!

そうさっ!兼業主夫の俺は大雑把に家計の遣り繰りをしている。

それでも生活が成り立っているのは事実だが、恐らく「無駄」も多いと思われる。

その無駄を無くすために家計簿による家計の分析は必要かもしれないと思っているが・・・

おザッパ
おザッパ

正直、めんどくせー。

だがどんな形になるか分からないが、家計簿は必要だと思う。

スポンサーリンク

家計簿の簡略化

家計簿の基本は収支の記録だ。

その記録の為に日々の支出を記入していき、最終的に無駄や改善点を洗い出す感じだよな・・・この考え方で合ってるよな。

その日々の収支をキャッシュレス化したいと思っているが、現実的には現金が必要であるという・・・何とも悩ましい感じだ。

いわゆる固定費は、クレジットカードや口座振替でほぼ片付くよな。

おザッパ
おザッパ

問題は変動費ってやつだ。

日々の買い物はもちろんだが、子供の学用品とか町内会費とかイベント参加とか・・・現金じゃないとダメ!!みたいなのは一定数存在する。

おザッパ
おザッパ

ここをいかに減らすかが勝負だな。

そう考えると、固定費と変動費の一部はキャッシュレスで管理可能。変動費の一部のみ現金となる。

もし、全てキャッシュレス化できれば、家計簿はつけなくても全て自動でできることになるが、やはり現金部分は残るから家計簿を自力でつける必要がある。

キャッシュレス化の限界

日々の支出のどの程度が現金なのかは・・・まだよく分からない。

これからちょっとずつ精査して確認していかないといけない。

都会にいればほぼ100%キャッシュレス化できるんだろうが・・・。

俺の予想では、これからキャッシュレス化をすすめていっても20~30%は現金部分が残るんじゃないかと思っている。

できればこれを10~20%にできれば家計簿をつけるという作業からほぼ解放される感じになるんじゃないかな?・・・解放されるって・・・

おザッパ
おザッパ

まだ家計簿つけてねーだろーがっ!!

まあ、いいや。いずれにしてもちょっと俺なりにいろいろ試してみるわ!

それじゃあまたな! Good Money!!

↑決め台詞