家計簿は「現金」で管理するか「数字」で管理するかの違い

家計簿は「現金」で管理するか「数字」で管理するか 家計管理

諸君!元気か?大雑把な兼業主夫を名乗っている「おザッパ」だ。

おザッパ家ではキャッシュレス化をすすめつつ、家計管理の手法も模索しているが・・・。

キャッシュレス化を考えれば考えるほど家計簿の簡素化も進むんかな?と思っている。

ぶっちゃけ、家計簿という記録に時間をかける事にはあんまり積極的になれない。

家計簿は記録が面倒だ

家計の収支の分析をするのに家計簿は必須だとよく言うが、確かにデータとして残していれば役に立つだろう。

家計簿の項目ごとの支出の偏りや支出単位の金額の大小とか。

それらを分析する事で余計な支出や無駄な支出を削減する目安を導き出せる。

その為に家計簿をつけるというのは納得できる。

ただ・・・その収入と支出の金額をいちいち記録するという行為が・・・面倒だよな。

スポンサーリンク

結局は数字の羅列

こんなことを言うと批判を受けそうだが、結局家計簿って数字の羅列だよな。

おザッパ
おザッパ

1ヶ月の収支の金額の羅列

その数字(支出)の必要性や妥当性を見ていく感じだよな。

であれば、できるだけ楽な方がいいと思うのは・・・面倒くさがりの俺のわがままか?

おザッパ
おザッパ

そうでもないよな?

みんなできれば楽に管理して家計も黒字にしたいよな。

スポンサーリンク

現金と数字の違い

俺はキャッシュレス化をすすめている。

出来るだけ買い物はクレジットカードや電子マネー払いにしていきたい。

そうすることでネットのサービスを利用すれば家計簿はほぼ記入する必要はない。

おザッパ
おザッパ

自動で家計簿を作ってくれる。

それに対し、現金だとレシートをもらって、それを記入して・・・って作業が発生するし、財布の中の現金の管理も必要になる。

現金であれキャッシュレスであれ最終的に出来上がる家計簿は同じだよな。

「カードだとついつい使いすぎてしまう」という話もあるが、それは意識の問題だ。

キャッシュレス化のデメリットって感覚の問題?
諸君!元気か?大雑把な兼業主夫を名乗っている「おザッパ」だ。 おザッパ家ではキャッシュレス化を進めていこうと思っている。 しかし、キャッシュレス化は...

結局、支払い方法がどうこうではなく、目的や意志を持った支出かどうかという問題だと思う。

家計改善の最初の一歩はこの意識の問題なんじゃないかな?

だから現金をいくら使ったとかキャッシュレスで支払った金額(数字)とかはその意識の結果であり、現金だからとかカードだからという問題とはまた別問題だと俺は思う。

結果的にキャッシュレスが自由を増やす

そう考えると・・・俺の勝手な考え方だが・・・キャッシュレスにした方が時間節約できるし、管理も楽になると思うんだが・・・。

おザッパ
おザッパ

俺の屁理屈かもしれんが・・・

俺はキャッシュレスで家計簿もネットのサービス利用して楽にすませたい。

まあ、とりあえずはやってみないと分からない事もあるというこで・・・。

ぼちぼちはじめてみますかな・・・。

それじゃあまたな! Good Money!!

↑決め台詞