年間200万円貯金できる人の年収はいくらなのか?

年間200万円貯金できる人の年収はいくらなのか? 貯蓄

諸君!元気か?大雑把な兼業主夫を名乗っている「おザッパ」だ。

最近、いろんなブログを読み漁っている。

家計管理、節約、貯蓄、資産運用などなど・・・。

いろんなブログがあり、いろんな考え方がある。とても参考になる。

そのうち俺のお気に入りブログなんかを紹介しようかなと思ってたりして・・・。

ちょっとした疑問がある

それでだな、実は俺には大きな疑問がある。

「年間〇〇〇万円貯めました!」とか

「〇年で〇〇〇〇万円貯めました!」みたいなやつだ。

どんな疑問かというと・・・

おザッパ
おザッパ

お前ら年収いくらだ?

って事だ。みんなも気にならないか?

中には投資でコツコツ稼いで増やしているやつもいる。それはそれで素晴らしい事だ。

一部収入を公開しているブログもあるが、やっぱ収入がそこそこあるよな。

でも資産運用とかしないで毎年何百万とか貯めるって・・・スゲーよな。

そんなわけで、俺なりにいろいろ推測してみた。

スポンサーリンク

年間200万円貯金するのに必要な年収は?

ズバリ!今回の検証?推測は

おザッパ
おザッパ

年間200万円貯めるのに必要な年収はいくらか?

である。

なぜ年間200万円なのかというと・・・5年で1000万円貯まる。

例えば40代の中盤・・・45歳の人が60歳までに老後資金を3000万円貯めるとしたら・・・。

3000万円 ÷ 15年 = 200万円/年

だよな。そういう事だ。

想定がショボいというか、守りに入ってるな~って感じなんだが・・・我慢してくれ・・・。

あくまで想定で、条件もかなり厳しく設定してみる。

スポンサーリンク

生活費は月20万円とする!

設定としては単身者でも夫婦二人でも夫婦+子供でも何でもいい。

ただ、どういう家族構成や家庭環境であろうと「毎月20万円(生活費)で生活する」という条件だ。

食費や光熱費はもちろん、日用品、交際費、交遊費、生命保険などなど全ての支出を20万円とする。

収入は単純に給与所得として、その手取り額(可処分所得)から毎月の生活費20万円を捻出する。

例えば、住宅ローンがあったり、子供がいて保育料が掛かったり、車を持っていてその維持費や購入費が掛かったり・・・それらも含めて月20万円だ。

冠婚葬祭の突然の出費や家電や家具が壊れて買い換えたなどのいわゆる特別費的なやつも全部含めて月20万円だ。

毎月20万円って言ったけど、年間で240万円って事ね。平均して月20万円の支出って事でOK。

おザッパ
おザッパ

この20万円って・・・結構厳しいと思うぞ。

俺としては・・・

  • 家は買わずに社宅や住宅補助で安く済ませる
  • スマホは格安スマホ、または持たない。
  • CATVなどの有料チャンネルは利用しない
  • お小遣いは極限まで落とす
  • 車は持たない。移動は自転車。
  • エアコンは極力使わない
  • お風呂や洗濯の回数を減らす

みたいな?・・・おザッパ家ではこれ以上のかなり本格的な節約節制を心掛けないと月20万円とかは難しい気がする・・・。

子供が2人いる時点で既に月20万円はムリだけどな・・・。

おザッパ
おザッパ

まあ、俺の事はどうでもいい。

これで計算してみる。

年収と可処分所得

よし!では検証する。

とにかく月20万円で生活できていると仮定して、年間支出額は240万円だ。

その家の給与所得から可処分所得を導き出し、実際に手取り額(可処分所得)から年間支出額240万円を差し引いた残り=貯金が200万円になる年収を捜す。

年収と可処分所得、それから年間支出額240万円を差し引いた一覧がこれだ!

年間200万円貯金できる人の年収

【注意】
可処分所得はザックリ計算だ。各種控除や免除などで金額は変わるだろうが、目安として考えてほしい。

図の手取り額が可処分所得だ。

年収620万円で年間200万円貯金できる!

上の表から、

おザッパ
おザッパ

毎月20万円の支出で、年間200万円貯めるには年収620万円必要

ということになる・・・620万円か・・・。

もし、生活費が毎月25万円、年間300万円の支出だったら・・・年間200万円貯めるには概ね700万円の年収は必要だ。

逆に、生活費が毎月40万円、年間480万円の支出だったら・・・年収が680万円以上ないと赤字家計だな・・・これはこれで厳しいぞ・・・。

表は800万円までしか作っていない。

なぜなら年収800万円以上は、俺にしてみればもう神のような存在だ。俺は神にはなれない・・・と思っているが・・・超えて行かなければならない壁だろうな・・・。

ダブルインカムなら可能か?

これはあくまで給与所得だけという条件だ。

その給与所得も夫だけとか妻だけではなく、夫婦共働き・・・ダブルインカムであれば状況も変わってくる。

夫婦二人の年収がそれぞれ300万円でも可処分所得は231万円×2人=462万円になる。

一人で640万円稼いだのとほぼ同額の可処分所得になる。

おザッパ
おザッパ

そりゃ・・・共働きが多いのも分かるよな・・・。

だがしかし!妻が出産となると産休や育休でその間の収入は減るし、夫も育休をとる可能性もある。それに家族が増えると支出も増える。

特に出産~乳幼児の子育て期にはめちゃくちゃお金が掛かる。おザッパ家もそうだった。

幼児教育・保育の無償化とか言っているが・・・無償化以上の問題が散見される・・・この問題は今回の記事には関係ないからおいといて・・・。

要は、ダブルインカムの収入へのインパクトは大きいということだ!

生活費月20万円に無理があるとは言わせない!

こうやって考えると「やり方次第」では年間200万円の貯金ができる気がする。

そもそも条件の「生活費月20万円に無理がある!」という意見もあるだろうが、そんなことは言わせない!

おザッパ
おザッパ

実際に月20万円で生活している人も大勢いる!

・・・と思う。

みんな・・・家を買ったり、車を買ったり、iPhoneの最新機種を買ったり・・・贅沢し放題だなよな。

親と一緒に実家に住めば住宅費は掛からない。

車無しの生活は地方は厳しいかもしれないが自転車でも何とかなる。中高生が学校に通うのに毎日何kmも自転車乗ってるだろ?同じだよ。

そしてiPhone無くても死なない!・・・だろ?・・・

結局自分たちのわがままや欲望で買っている=支出しているだけだ。

屁理屈かもしれないが、限られた収入でガッツリ貯金したければ、それに見合う生活と我慢が必要なんだよ。

おザッパ
おザッパ

ん?・・・俺いいこと言った?

いや、極論だな・・・しかもこれは俺が言うべき事ではなく、むしろ俺自身への戒めだな。

選択肢は多いぞ!

まあ現実はかなり厳しい・・・という事は分かった。

今回の検証というか推測は「給与所得が・・・」って事だった。

しかし、給与所得以外にも資産運用や副業で収入を増やすことは可能だ。

ブログの広告収入もそうだし、自分の才能を生かした収入の複線化は今や常識とも言える。

本業の収入が増えなければ本業以外の収入を増やしていくというのは自然の流れ。

会社に属さないと生きていけないとか保障がないとか言う時代ではない。

そういう事も考慮すれば、年間200万円貯金の見え方も変わってくる気がする・・・。

だが俺には収入を複線化するだけの才能が・・・まだない・・・のか、見つからないのか・・・もともとないのか・・・。

単純に「やるか、やらないか」だけの問題なのかもしれないけどな・・・。

いずれにしてもおザッパ家が現状で年間200万円貯金するのは無理という事が分かった。

おザッパ
おザッパ

じゃあ、どうする?

どうなるか分からんが、俺なりにいろいろ考えてもがいてみるさ!

それじゃあまたな! Good Money!!

↑決め台詞