1000万円貯めるための目論見

貯蓄

諸君!元気か?大雑把な兼業主夫を名乗っている「おザッパ」だ。

俺は1000万円貯めることにチャレンジしているが、本当に貯められるのだろうか?

ぶっちゃけそんなに自信はないが、少しは自信がある。

おザッパ
おザッパ

どっちやねん!

という訳で、これから1000万円貯金するまでの具体的な道のりを考えてみることにした。

1000万円貯めるには

まず、最初のステップ!

1000万円貯めるには、どれくらい貯めていかないといけないのか?

それを表にしてみた。

1000万円貯める

見れば分かるだろうが、縦軸の左端が「期間」、次に年間に必要な貯金額「年額」、最後に毎月必要な貯金額「月額」となっている。

当たり前だが、期間が短ければ短いほど月単位の貯金額も大きくなる。

スポンサーリンク

毎月いくら貯めるかは基準だが

短い期間で見る場合は「月額」で考える感じだな。

おザッパ
おザッパ

毎月いらく貯金できるか?

まあ、これが基本になるよな。

毎月の給与からいくら貯めて、いくらで生活する・・・みたいな感じか?

ただ「毎月いくらか」だけを気にして貯めても仕方ない。

中にはボーナスをもらっている人もいるだろうし、年末手当や期末手当などが出る人もいるだろう・・・残念ながら何の手当もないという人もいるだろう・・・。

それに貯金だけではなく投資をすることで少しでも増やすことができる可能性もある。

更に言えば本業とは別の副業などで収入を得ることも可能だ。

投資や副業は、もちろん毎月ある程度の収入が見込めるのが理想だが、現実的には本業と違い、毎月同じように・・・というのは難しいかもしれない。

それでもプラスαを期待できるのは確かだ。

そう考えると、単純に月額だけで考えるよりももう少し長い期間で貯金額を見ていった方が良いと思う。

スポンサーリンク

年間の貯金額を考える

いわゆる給与などからの月額の固定貯金額・・・先取貯金みたいなやつ・・・は生活が苦しくならない程度に設定すると良いと思われる。

それに加え、定期収入外の・・・上で書いたような投資や副業、各種手当なども見込みとして入れ込んで年額で考えると貯金額はグッと増えるんじゃないかな?

例えば

  • ボーナスの10%~50%位は貯金する
  • 期末手当は全額貯金する
  • 副業の50%~100%を貯金する
  • 投資の利益の50%は貯金する

とかみたいに。

どれも確実とは言えないが、ある程度想定して見込むことはできるよな。

俺なら・・・

おザッパ
おザッパ

ボーナスが続く限り、年間24万円(月額換算2万円)貯金する!

みたいな感じにするかな?・・・まだ分からんが・・・。

他にもいろいろあるぞ

この他に、俺が思い浮かぶものとして・・・

  • 児童手当(子供手当) ・・・ これは全額子供の為に貯金だよな!
  • 子供のお年玉やお祝いなど ・・・ これも全額子供の為に貯金だよな!
  • 保険などの割戻金や配当金 ・・・ ん?これは・・・

みたいな感じかな?

それぞれの家庭のそれぞれの支出入を調べると、いろんな事が分かると思うぞ!

おザッパ
おザッパ

・・・俺はまだ調べてないが・・・

少し広い範囲で考える

こうやっていろいろ拾い出して検討してみると、月額よりも年額で貯金額を考えた方がいいのかなと思うんだが・・・どうだ?

まあ「どこまで貯金として扱うのか」という問題もあるが、児童手当のように目的がハッキリしているものもあるから、それはその目的で貯めればいいじゃね?

こうやって考えると、

毎月4万円の貯金が限界だとすると、上の表で見ると1000万円貯めるのに20年必要だ。

しかし、仮に毎月4万円に加えて

  • 子供2人分の児童手当年額24万円貯める
  • ボーナスを年間24万円貯める
  • 副業や投資などの利益を年間12万円貯める

これだけ貯めるとすると・・・合計60万円。月換算で5万円になる。

毎月4万円に加えて月換算5万円プラスで月額9万円の貯金ができる計算になる・・・あくまで「仮の話」だぞ・・・。

そうすると、1000万円貯まるんは10年以内という事になる!

これはすごいな!

おザッパ
おザッパ

・・・でも・・・捕らぬ狸の皮算用・・・

そうだな。あくまで想定だ。

しかし、しっかりと家計分析して貯金可能なものを洗い出せば、こうやって積み上げることで意外といい感じの金額を貯めることができるかもしれない!

よしっ!俺も家計を分析してみよう!

それじゃあまたな! Good Money!!

↑決め台詞